耐えても得たいもの?

なかなか長いこと若手育成枠を設ける事が出来ずにいましたが、
ようやく弊社にも余裕が出てきました。
現在も少し若返りを図りたいと人材を探しております。

 

しかしながら、このところ多くの20~30代を面接をしていると

「ふんふんふんふん・・・」
「なるほどっ!」
「確かに!」

受け答えの言葉遣いに戸惑います。

 

「ふんふんふん・・・なるほどっ!確かに!」

こんな言葉遣いは、同等な立場の人ならともかく、
本来は目上の人やお客様には好ましくないと思うのですが。
他の会社では許されているんでしょうか?

 

ふんふんふんの相づちは完全に止めるべきと思いますが、
「なるほど、仰る通りですね。」とか
「確かに、その通りですね。」などとそのあとに丁寧に言葉を続ければ
偉そうには聞こえなくなりますよね。
なるほど!確かに!と感嘆詞で終わらせなければいいと思うのです。

 

以前、とある新人に
せめてお客様に使うのだけはやめてね、と助言したら、
「ふんふんふん、確かに!」との返事が。
・・あぁ・・(涙)
入社してから直してもらえばいいという思いは甘く、
ほぼ聞き入れてはもらえません。

 

学校でも生徒が敬語を使わないことを許している先生も多く
敬語を正しく使う機会も少なくなっています。
TVバラエティ番組でも目上の人に生意気な口を聞き、
先輩を平気で「君」と呼び、
敬語を使わない事を許している某アイドル事務所もありますし、
世の中の変化は受け入れるべきなのかもしれません。

それに、こんなことに過敏に反応するのは
きっと私自身がまだまだ修行が足りないということかもしれません。
耐えます。耐えることにします。いや、むずかしいなー。

うちは小さい会社なので中途採用が中心です。
新卒採用の会社はぜひ、
「目上への言葉遣い」の指導をきちんとお願いしたいと思います。
最初に学ばないとなかなか直りませんので。