本当にやりつくしたと言えますか?

ある日、数年勤めたスタッフから、

「いろいろやりつくして来たので、
私はこれから何をしたらいいですか?」と相談され、
ドキッとしたことがあります。

私自身、ネットショップを立ち上げて20年近く経ちましたが、
やってもやっても、ネットの商売はやりつくせないものだなと感じていたので、
「やりつくした」という言葉に、
指針みたいなものがスタッフと共有出来ていなかったのかと愕然としてしまいました。

基本的に会社の目的は、
「お金を稼ぐこと」

なのでどんなに頑張ったと言ってみても、会社の目標に達していなければ
軽々しく、
「やりつくした」
「100%、200%頑張った」とは口に出来なくなります。

たとえ、その目標のゴールに達しても、
また新たに目標は上に設定され、そして、また新たに頑張ろう!ということになるはずです。
やることは延々と続くのです。
やりつくすなんてとてもとても・・・。

たぶん、簡単に会社を短期で転々とする人にはわからない世界なのかもしれません。

ちなみに100%、200%頑張ってきたと口にするのも
短期で転々と職を変える人が多いようです。
自己の満足に短期間で達成できるのはそれはそれで幸せなことと思います・・・が。